サイトマップ サイト内検索

土壌汚染調査の株式会社ジオリゾーム

HOME

土壌汚染とは

調査が必要な時

調査の流れ

事例紹介

5つの強み

費用

Q&A

Blog

会社概要

お問合せ

HOME事例紹介一覧>融資を受ける
  • 金融機関から融資を受ける際の土壌汚染調査事例

  • 土地を担保に、銀行から融資を受けるために行った土壌汚染調査の事例をご紹介します。

    事例1.土地を担保に融資を受けるために、地歴調査を要求される
    事例2.土地を担保に融資を受けるために、土壌の分析結果を要求される

    土地を担保に融資を受けるために、地歴調査を要求される
    土壌汚染調査の経緯
    銀行より、融資の際の提出書類として地歴調査を要求されました。銀行によって要求してくる調査内容は様々です。この銀行の場合は地歴調査の内容として「登記簿謄本住宅地図空中写真、現地調査」を要求されました。

    地歴調査の概要
    場所:東京都内
    標準タイプ(登記簿謄本住宅地図空中写真、現地調査)
    調査期間:約21日間
    内容と費用について詳しくは、地歴調査 標準タイプの詳細をご覧ください。
    (書類上のみの調査で終了し、土壌採取や土壌分析の調査には進みませんでした。)

    solution

    >>事例集一覧へ戻る
    >>土壌汚染調査・浄化の費用について
    >>ジオリゾームの特徴
    ページトップへ


    事例2 土地を担保に融資を受けるために、土壌の分析結果を要求される
    土壌汚染調査の経緯
    開発事業者の方が戸建開発を実施する際に、土地を担保に銀行に融資を受けることになりました。その際に銀行から融資の条件として土壌汚染調査を実施することを求められました。

    土壌汚染調査の概要
    調査場所:奈良県
    調査種類:自主調査(「土壌汚染対策法」に準拠)
    敷地面積:5600u
    現地の状況:更地
    調査対象物質:特定有害物質全項目

    具体的な調査内容:表層土壌調査
    1.第1種特定有害物質全項目についての調査
    土壌ガス採取

    画像
    採取数 9箇所→分析数 9検体

    2 . 第2種第3種特定有害物質全項目についての調査
    表層土壌採取

    画像
    採取数37箇所→(5地点混合×6、3地点混合×2、2地点混合×1)→分析数9検体

    以上で、
    計画3日間、調査3日間、分析14日間、報告書5日間 計25日間
    金額は、183万円でした。

    土壌汚染調査結果
    土壌汚染はありませんでした。
    調査報告書を銀行に提出。融資手続きへと進みました。

    solution

    >>事例集一覧へ戻る
    >>土壌汚染調査・浄化の費用について
    >>ジオリゾームの特徴
  • お問い合わせ
    *24時間対応 休業時間帯は転送で直接担当者につながります。
    ページトップへ
    フッター サイトマップ サイト内検索
  • 土壌汚染調査の株式会社ジオリゾーム 
    【環境省指定調査機関 2003−8−1048】
  • 東京都江東区東陽3-26-12 内田合板ビル1階(東京営業所)・・・・・・・・TEL 03-5606-4470 FAX 03-5606-4430
  • 大阪府吹田市内本町1-1-21(大阪営業所)・・・・・・・・・・・・・・・・TEL 06-6381-4000  FAX 06-6381-3999
  • サイト利用規約個人情報の取り扱いについて
  • Copyright(c) GeoRhizome Co,.Ltd. All rights reserved.