サイトマップ サイト内検索

土壌汚染調査の株式会社ジオリゾーム

HOME

土壌汚染とは

調査が必要な時

調査の流れ

事例紹介

5つの強み

費用

Q&A

Blog

会社概要

お問合せ

HOME土壌汚染調査の流れ>表層土壌調査
  • 表層土壌調査

  • 表面部分の土壌汚染の有無を調べる調査です。土壌分析をする調査で一番初めに行うのがこの調査です。調査方法と工程について詳しくご説明します。

    @分析項目と調査方法の決定
    A調査単位区画に分ける
    B採取地点の決定
    C現地での調査
    土壌ガス採取の方法
    表層土壌採取の方法
    D土壌分析
    E報告書作成

    表層土壌調査の工程
    @分析項目と調査方法の決定
    調査目的や地歴調査の結果にもとづき、分析項目や調査方法を決定します。

    A調査単位区画に分ける
    最北端を起点として、敷地を10m×10m の単位区画に分けます。 この10m格子を基本単位として採取・分析します。


    B採取地点の決定
    採取地点を決定します。
    (調査目的や汚染のおそれによって、採取地点の配点は異なります。)

    C現地での調査
    第一種特定有害物質(揮発性有機化合物)の調査
    ○土壌ガス採取
    ・採取方法
    埋設管等確認のうえ、地表に直径15〜30mm程度で深度1mの孔を空けます。そこに土壌ガスを集めるための管を一定時間静置して、地中に存在する土壌ガスを採取します。そして、土壌ガス中の特定有害物質の量を測定します。

    土壌ガス採取状況
    ・採取地点数
    「汚染のおそれが多い場合」 、10m×10m の格子に1箇所。


    「汚染のおそれが少ない場合」、 30m×30m の格子に1箇所 (こちらのケースが多いです。)

    汚染のおそれの区分については、こちら

    第二種/第三種特定有害物質(重金属類/農薬類・PCB)の調査

    ○表層土壌採取
    ・採取方法
    埋設管等確認の上、被覆部がある場合は除去し、表層(地表から5cm)の土壌と、5〜50cmまでの深さの土壌を採取し、これら2つの深度の土壌をそれぞれ等量を混合して試料とします。



    機械掘り、手掘りによる表層土壌採取状況
    ・採取地点数
    「汚染のおそれが多い場合」 、10m×10m の格子に1箇所。



    「汚染のおそれが少ない場合」、30m×30mの格子に対して5箇所採取⇒30m×30mの格子内の試料を混合して、1検体として分析します。
    (こちらのケースが多いです。)

    土壌汚染のおそれの区分をもっと詳しく知る。


    D土壌分析
    分析工程(14日間程度)


    E報告書作成
    報告書作成

    >>次の絞り込み調査、個別調査に進む
    >>土壌汚染調査の流れに戻る

    このページを読まれた方は、次のページをよく読まれています。
    表層土壌調査の費用
    表層土壌調査の事例紹介

    お問い合わせ
    *24時間対応 休業時間帯は転送で直接担当者につながります。
  • ページトップへ
    フッター サイトマップ サイト内検索
  • 土壌汚染調査の株式会社ジオリゾーム 
    【環境省指定調査機関 2003−8−1048】
  • 東京都江東区東陽3-26-12 内田合板ビル1階(東京営業所)・・・・・・・・TEL 03-5606-4470 FAX 03-5606-4430
  • 大阪府吹田市内本町1-1-21(大阪営業所)・・・・・・・・・・・・・・・・TEL 06-6381-4000  FAX 06-6381-3999
  • サイト利用規約個人情報の取り扱いについて
  • Copyright(c) GeoRhizome Co,.Ltd. All rights reserved.