サイトマップ サイト内検索

土壌汚染調査の株式会社ジオリゾーム

HOME

土壌汚染とは

調査が必要な時

調査の流れ

事例紹介

5つの強み

費用

Q&A

Blog

会社概要

お問合せ

HOME油汚染浄化の新工法 SNOM>Q&A〜スノム編〜
  • 油汚染浄化の新工法 SNOM Q&A〜スノム編〜

  • 油汚染浄化、防止に使える新工法。SNOM(スノム)ついて、よくあるご質問にお答えします。

    Q1:スノムは何からできていますか?
    Q2:スノムは使わないでおくと製品としてどのくらいの寿命があるのでしょうか。
    Q3:スノムはクリーム状のグリースや冷温バターのような固いものも吸着しますか。
    Q4:スノムが水を吸着せずに油だけを吸着するのはどうしてですか。
    Q5:スノムは水面の油を吸着してどのくらいの時間水面に浮いていますか。
    Q6:スノムは燃えますか。
    Q7:スノムのバクテリアは、好気性ですか嫌気性ですか。
    Q8:北海道のような寒冷地でスノムはうまく機能するのですか。


    Q1:スノムは何からできていますか?
    A1:スノムは自然界に存在する材料で構成された油吸着分解材で、人畜・植物には無害で金属等への
    腐食性も無く、無リンのため、環境対応型の商品といえます。スノムは植物の殻と油を分解・消化する
    天然の微生物から出来ています。微生物は全く天然のもので、遺伝子操作は一切使用していません。

    Q2:スノムは使わないでおくと製品としてどのくらいの寿命があるのでしょうか。
    A2:スノムの微生物は、油などの炭素系のものに遭遇するまで眠っています。水分を含有した炭素系
    のものにあうと目を覚まし、起きだして反応します。袋や容器に入れて乾燥した高温にならない場所に
    保管しておけば、植物の殻が腐らない限り半永久的に使用できます。スノムを濡らすと、スノムに含ま
    れる微生物がびっくりして目を覚ましてしまいますので、保管は 乾燥した場所が適切です。

    Q3:スノムはクリーム状のグリースや冷温バターのような固いものも吸着しますか。
    A3:スノムとクリーム状の油が混ざれば吸着します。従いまして、混ざらないような硬さの油には適当
    ではありません。


    Q4:スノムが水を吸着せずに油だけを吸着するのはどうしてですか。
    A4:スノムは当社独自の製法(特許出願中)により、製品の表面を特殊コーティングして水を寄せつけず
    に油だけを吸着します。

    Q5:スノムは水面の油を吸着してどのくらいの時間水面に浮いていますか。

    A5:スノムは油を吸着してから24時間は、浮いていますので回収が楽に行えます。


    Q6:スノムは燃えますか。
    A6:スノムが自ら発火することはありません。しかし、例えばマッチで火をつければ燃えます。
    従いまして、油を吸着したスノムの処理に燃料としても使えます。スノムは、粘土などを含んでいません
    ので、焼却灰の残留もごくわずかです。

    Q7:スノムのバクテリアは、好気性ですか嫌気性ですか。
    A7:スノムには好気性バクテリアと嫌気性バクテリアが入っており、好気と嫌気の両方の環境で働く様に
    処方されています。

    Q8:北海道のような寒冷地でスノムはうまく機能するのですか。
    A8:スノムはそれ自体が凍って硬くなるか、または、対象となる液体が凍って硬くなるまで吸着は継続
    します。バクテリアは4℃ほどで活動が穏やかになり、0℃になると休眠状態になりますが死滅はしません。
    凍ると一部のバクテリアは死ぬものもありますが、大勢に影響はありません。


  • お問い合わせ
    *24時間対応 休業時間帯は転送で直接担当者につながります。
    ページトップへ
    フッター サイトマップ サイト内検索
  • 土壌汚染調査の株式会社ジオリゾーム 
    【環境省指定調査機関 2003−8−1048】
  • 東京都江東区東陽3-26-12 内田合板ビル1階(東京営業所)・・・・・・・・TEL 03-5606-4470 FAX 03-5606-4430
  • 大阪府吹田市内本町1-1-21(大阪営業所)・・・・・・・・・・・・・・・・TEL 06-6381-4000  FAX 06-6381-3999
  • サイト利用規約個人情報の取り扱いについて
  • Copyright(c) GeoRhizome Co,.Ltd. All rights reserved.